日本禁煙協会トップページ(沿革)>喫煙予防講演会
Menu
日本禁煙協会
  喫煙予防講演会・講演依頼
  喫煙予防講演会感想
  喫煙予防活動報告
  喫煙予防コラム
   大切な人を禁煙に導く豆知識
   喫煙は百害あって一利なし
   あなたを襲う受動喫煙の害
  禁煙関連リンク集
  沿革
  関連書籍、ビデオ
 喫煙予防講演会・講演依頼

喫煙予防講演会講師を派遣します。
対象:小学校、中学校、高等学校、保健所等

日本禁煙教会では、青少年対象の喫煙予防講演を行なっています。講演内容は、まだタバコをすったことのない子供たちにタバコの害を知ってもらうことと、友達からタバコを吸うように誘われたときの断り方のロールプレイです。時間は原則45分程度です。キリスト教会の牧師や教会関係者が講師となります。講演での布教活動は原則行ないませんが、キリスト教関係者による活動であることをご了承ください。

講演依頼の際には下記の「講演依頼書」(全2枚)に記入してFAXしてください



講演依頼書(A4、PDF

 喫煙予防講演会の感想

高等学校における喫煙予防講演より(2007年7月)

タバコを吸うと学力が下がることや肺がんになることがわかった。本当にタバコは吸ってはいけないと思った。未成年じゃなくて、20歳になっても吸ってはだめだと思った。

タバコを吸う人も近くにいる人も悪い影響がでる。家で吸っている人がいるけど、自分は吸いたくないと思った。

前からタバコの害は聞いていたけど、改めてタバコは体に悪いと思いました。少しでも私も周りのタバコを吸っている人を減らそうと思いました。自分が友達に誘われたら、断れるか不安ですけど、自分の体や将来を考えて、勇気をもって断ろうと思います。

10代での喫煙は、20代での喫煙に比べると、極端に体への害が大きいことがわかりました。タバコを吸ってしまったことを後悔しています。


小学校における喫煙予防講演より(2008年1月)

今まではタバコは吸っちゃダメ、ということしか知らなかったけど、タバコの害についてよくわかりました。

大人になったら吸わないです。

家族が吸っているから、こんな害があるんだということを話そうと思った。

タバコは時間の無駄、お金の無駄だと思いました。

寿命が縮まるくらいなら吸いたくない。

家族が吸っていて、ガンになりやすいし、私たちのほうがたくさんの有害を受けるので、ぜったいに吸わないようにしたいです。

主流煙よりも副流煙のほうが悪いと聞いたから、親にはやめてもらいたいです。

タバコは人にとって、かなりの害だと思いました。僕もタバコを吸わないようにしたいです。

人形劇による喫煙予防教育はこちら>>

You are here : 日本禁煙協会トップページ(沿革)>喫煙予防講演会

Copyright(C) Japan Temperance Association All Right Reserved.